<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< CHEZ FRANCOISE | main | Paris Life 料金改定しました。 >>
海外で就職したい人へのアドバイス 準備編


オペラ地区のカフェです。
かわいいですよね。
フランス人、寒さにもまけず外に座ってコーヒー飲んだりするんです。
タバコを吸いたい人は、店内では吸えないので、外に座るのでしょう。

それにしても今年の冬は寒い。
3月というのにパリはまだ真冬です。

数年前にこのあたりに私の友人がイタリアン・レストランを出したのですが、最近、顔を出してなかったので、先日久しぶりに行ったら、

なんと!

持ち主が変わっていました・・・・・。

レストランもBIO(無農薬食品)のレストランに変わっている!

ショックでした。
やっぱり不況なのですね・・・・。

ところで、最近、

海外で働きたいんですけど、どうすればいいですか?」

という質問をよく受けます。

興味のある人もたくさんいるかと思いますので、私から見た一般的なアドバイスを書いてみます。

というわけで、「海外で就職したい人のためのアドバイス 準備編」。

1)とりあえず英語は読み、書き、会話には不自由がないレベルにあげておく。
当然ですが、海外で勤務するにあたって英語を話せるのは基本です。
英語を必要としない職種ももちろんあるかとは思いますが、基本的に自分の身の回りのことは自分でできないといけません。
通訳さんがいないと何もできないようでは、仕事にならないし、生活にも困ります。
少なくとも英会話は不自由のないレベルにあげておきましょう。

今の世の中、英語をぺらぺらに話せる人はたくさんいるので、語学の得意な人は英語+アルファを目指しましょう。
アメリカ大陸に行くのならばスペイン語、ヨーロッパやアフリカならばフランス語が有利でしょうね。

2)貯金をしましょう。
外国には、自分の家族や親戚、親友など、何かあったときに頼れる人はあなたのそばにはいません。
困ったことになったとき、ある程度のまとまったお金が手元にあれば安心です。
少なくとも150万円程度の貯金はためておきましょう。
300万くらいの貯金があれば、何があっても安心ですよね。

3)自分の専門分野を作りましょう。
やはり日本で3年くらいは働いて、何らかの専門知識を持っていると強いと思います。
経理でも、営業でもなんでもいいのですが、「XXなら誰にも負けません」と言える自分の「売り」をつくるといいと思います。

4)夢を具体化してみましょう。
実は、夢は具体化すればするほど叶いやすいのです。
漠然と「いつか海外で働きたいな〜」と思っているだけだと本当に夢で終わります。
夢を叶えたかったら、いつ、どこで、どういった仕事に就きたいのか、できるだけ具体的に考えてみてくださいね。

女性なら一度は経験があるかとは思いますが、子供のころ

「将来子供何人ほしい?」
「子供の名前は何にする?」

なんて話しませんでした?

それと同じ要領で、

「2年後にはタイのプーケットでダイブマスターをしていたい」
「その時、住む場所は海辺のバンガローで、部屋にはXXがあって、・・・」

のように、具体的に時間的な期限を入れてできるだけ細かく夢を描いてみるのがコツです。


 
COMMENT