<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Salon de Tourisme (ツーリズム展示会)の日本展示ブース | main | MONLUCON >>
ELLE の震災援助
 先日、駅のキオスクにこんなものを発見!

DSC03942.JPG

ポール・スミス、ジャンポール・ゴルチェ、ヴァネッサ・ブルノの3有名デザイナーがTシャツをデザインし、雑誌の ELLE と抱き合わせ販売、その売り上げを日本に援助として寄付するというもの。

DSC03944.JPG

これはポール・スミスのデザイン。
"TOMORROW IS A NEW DAY." のメッセージ入り。

・・・・単純に感動しました。

まだまだ事態は収束つかず、不安な気持ちで毎日を過ごされている方も多いと思います。
どうか皆様の心の平安と生活の平安が少しでも早く感じられますように。



遠いフランスでも日本のことを思って下さる人たちがいることに心から感謝します。
あれからもう2ヶ月がたとうとしておりますが、相変わらず被災地の混乱は続き、人が足りない状態は続いているようです。加えて福島第一原発の放射能の問題が追い打ちをかけていて、私たちの国の混乱は当分続きそうです。原発の問題は人災にも関わらず未だに上のレベルの人間は推進しようとする人たちが動き出しており、正直どないやねんと言う気分です。
うま | 2011/05/06 00:55
>うまさん

テレビからの映像で見る限りは、まだまだ被災地は大変なようですね。
復興に時間がかかりそうで心配です。

サリー | 2011/05/06 01:23
初めまして。
mixiのコミュニティからおじゃまします。

私は仙台で被災しましたが、被害の少ない地域に住んでいて今は普通に暮らしています。

海外に住んでいるマイミクさんたちから、世界中が応援しているという、支援の集まりなどをたくさん聞かされ、本当に感謝しています。

避難所では何が必要ですか、と訊かれ、調べて教えると、すぐに送ります(パリから)と・・・。

南仏に住むマイミクさんからは、南仏を思い出させてくれる品々が送られてきました。

皆さんの温かいお気持ちが嬉しくて、何度もほろりとなってしまいます・・・。


息子が原発関係の仕事をしているので、心配な毎日ですし、余震も続いていますので、心から休まる日はまだ遠いようです。

そして、いつになるかわかりませんが、パリに行ったら、サリーさんのアパルトマンに・・・・と、写真などを眺めて“脳内旅行”をしています♪


遠い国からのご支援、ありがとうございます・・・。
みゅげ | 2011/05/06 19:16
>みゅげさん

コメントありがとうございます!

現在普通に生活をされているとはいえ、さぞかしご不安な毎日をお過ごしかとお察しいたします。

ひとつ質問させてください。

被災された方への援助としてメゾンオランジュ・ゲストハウスの宿泊を提供しようと考えていますが、これについてどう思われますか?

おそらく、被災された方の中には「パリに来てXXXXをしたい。」と夢を描いていらっしゃる方もいらっしゃると思うのです。

ただ、パリまでの旅費は出すことができないので、結局のところ「絵に描いたモチ」になってしまうような気がして・・・。

こういった形での援助を希望されている方はいらっしゃるのでしょうか。

被災された方のご意見をいただけると幸いです。
サリー | 2011/05/06 22:59
COMMENT