<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 初めての夕食 | main | 南仏プロヴァンスで休暇中 >>
「ぽむぽむ パリのゲストハウス」 誕生 
お久しぶりです!
ときどきページをあけてくださっていた方、更新が今になってしまい、本当にごめんなさい。

さて、お知らせです。

準備期間がとても長かったのですが、とうとう「ぽむぽむ パリのゲストハウス」をオープンすることができました!

ぽむぽむHP


今度の宿はParis Life や Maison Orange のおよそ倍の広さがあり、ゆったりの65平米。
「ぽむぽむ」は寝室が2つあります。
一つは女性専用のシェアルーム(現在のところ4人部屋)で、もう一つは個室(専用シャワールーム有)。
室内は中央暖房なので、かなり暖かです。

今回は設計、室内装飾ともに完全に任せてもらえたので、私のこだわりがしっかり入ったモノになりました。

1)使いやすいダイニングキッチンと大型冷蔵庫。


キッチンは主婦視線で吟味したものを取り付けています。
大型冷蔵庫、電子レンジ、湯沸しケトルはもちろんのこと、ネスプレッソマシーンも設置しています。
ネスプレッソマシーン対応のコーヒー・カートリッジは街のスーパーでも気軽に購入できるようになったため、今回はネスプレッソマシーンを採用しました(カートリッジはご自身でご用意ください)。

写真には見えないのですが、もちろん洗濯機も設置しています。

2)大テーブルのあるリビングと整ったインターネット環境。


シェア仲間と楽しく会話できるよう、ダイニングには大テーブルを設置しました。
インターネット設備も光ファイバー設置、WIFI 無制限で使用可能。
テーブル下は(写真ではみえませんが)電気プラグが5つ並んでいて、パソコンのバッテリーにも配慮しています。
テレビはもちろん大画面を採用し、リビングのどこに居ても画面が見えるようにしました。

3)清潔なシャワールームとトイレ、中央給湯


シャワールームは2つあり、なおかつ少人数制のゲストハウスのため、シャワールームの空きを待つなどのトラブルはほとんどなく、快適にすごしていただけます。
シャワーのお湯は中央給湯なので、タンクのお湯を気にすることなくお使いいただけます。

トイレは当然、シャワールームとは別の個室です。

4)一人に一つつづ、大型カギつきロッカー


他人とゲストハウスをシェアするときに、一番気になるのが持ち物(貴重品)の管理ですが、一人にひとつずつ、大型のカギつきロッカーが設置されているため、安心してすごしていただけます。

5)各部屋ドアにもカギ、さらに各ベッドわきに2つのコンセント


ご利用されるお客様の安全を第一に考え、各部屋ドアにも鍵を設置しました。
これで万が一の不審者をブロック。

また携帯を充電しながらお休みいただけるように、各ベッドわきにもコンセントを配置しました。
「寝ながらスマホ」が可能です。

6)門限なし。

ゲストハウス玄関の鍵をお渡ししますので、お好きな時間に出入り可能です。
時間を気にすることなく、パリを存分にお楽しみください。

7)エレベーターつき


パリのアパルトマンは古い建築が多く、エレベーターのないことが多いのですが、「ぽむぽむ」はちゃんとエレベーターがついています。
これで、重いスーツケースの持ち運びに苦労することもありません。

8)駅が近く、便利で治安のよい環境。

ゲストハウスのある場所はパリの15区、パリでも治安のよい場所です。
レストランやブティックが立ち並び、週に3回マルシェが立ち並ぶ、おしゃれでグルメなパリジャンの住む地区です。
最寄のメトロの駅から徒歩5分。

9)お値段控えめ

パリには行きたいけど、お金がなくって・・・と躊躇されている方にも、ぜひパリに来て欲しい!との願いから、できる限りの低価格で提供させていただいています。
シェアルーム、エコノミープラン(キャンセル、予約変更時の返金不可)でお一人様 1泊 29ユーロ、
個室、エコノミープラン(キャンセル、予約変更時の返金不可)でお一人様 1泊 59 ユーロ

パリに来て日本ではできないことを経験し、次のステップにつなげてみたいと思っている方、自分の可能性を試してみたい方、チャンスです!
パリでぜひいろんなことにチャレンジしてみてください!
「ぽむぽむ」が応援します!



2-3年前にメゾンオランジュに宿泊しました
KYOKOです。ぽむぽむの開業おめでとうございます。
久しぶりにブログに遊びに来て知りました。
春先に会社の先輩がパリに一人旅にいくとのことで
そちらを紹介したいと思います。
また私もパリに行きたいとおもいます。
ちょうどクリスマス時期で、リスのスプレッドナイフをいただいて今でも重宝しています。
またおあいできることを楽しみにしています。
KYOKO NISHIDA | 2013/11/28 11:54
COMMENT