バカロレア試験

IMG_0835.jpg

 

フランスはバカロレア試験(高校卒業資格試験)の真っ最中です。

うちの息子も昨日、受験していました。

 

高校は普通科に進学すると、高校2年時で 1)文系 2)社会系 3)理系 の3つに分かれます。

 

日本は「社会系」ってないですね。

主に商業、経済、政治、法律など(要するに、ソーシャル・サイエンス)を勉強する学科です。

 

うちの息子は現在、高校2年生で、理系なのですが、高校2年生の終わりに、バカロレアのフランス語の試験があります。

 

で、昨日、そのフランス語の試験を受けてきました。

その試験、なんと4時間ぶっ通し

「フランス語」だけですよ!

 

試験は記述式で、時間制限で、論文を書く感じ。

質問に対して、論理立てて、きちんと説明し、自分の意見を述べ、立証しないといけません。

 

日本には4時間ぶっ通しの試験ってないですね。

飲食は許可されているので、ガムやお菓子などを持ち込んでいるようです。

 

試験管する人も、採点する人も、大変。

 

これが終わると、高校での「フランス語」の授業は終了です。

つまり、高校3年生では「フランス語」の授業は無くなります。

 

その代わりに「哲学」の授業が入ってきますが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント