ブルーチーズでトロトロ

先日、常温でトロトロのチーズのことを書いたら、結構反響が高かったので、調子に乗って、また1つチーズネタ。

 

ブルーチーズでトロトロのチーズもあります。

 

Packshot_creme_Saint_Agur_150g1.jpg

 

これ。

 

「サンタギュール・クレム」。

 

「サンタギュール」は通常、

 

 

固形のブルーチーズなんですが、そのクリーミー版。

 

うちでは、パンや野菜につけたり、グラタンやスパゲティにちょっと混ぜたりして使ってます。

 

これは日本でも買えるみたいですね。

でも値段は2000円くらいのようです・・・(高い〜!)。

フランスでは、2、25ユーロ。

お土産にすると喜ばれるかも。

 

 

 

とろとろ部分だけを食べたい時(チーズ)

現在午前9時30分ですが、今の気温は、

 

IMG_1911.png

 

14度です!

日中も20度超えません・・・。

パリはもう、すっかり秋です。

 

東京は35度の表示です。

残暑厳しいですね。

日本から渡仏される方、上着持ってきてください。

20度も温度差があるので、風邪にもご注意!

 

さて、一昨日カマンベールの食べ方を書いたところ、以外に反応が多かったので、もう一本チーズネタ。

 

時々、カマンベールのトロトロ部分だけを、贅沢に食べたくなるのですが(笑)、その時に食べるのが、これ。

 

IMG_1854.jpg

 

カンコワヨット ( Cancoillotte ) というチーズです。

これは、常温でもトロトロ。

特にこれは、黄ワイン(Vin Jaune ) が入っていて、フォンデュのような香りがあります。

 

これをバゲットにつけて食べる〜。

 

 

 

 

 

 

カマンベール・チーズの食べ方(我が家の場合)

serveimage-2.jpg

 

まず、大前提。

フランスでカマンベール・チーズを買う場合、蓋を開けて、紙の上から中身をぷにぷにと押して、硬さを確かめます。

日本のお店でやるのは NG だと思いますが(というより真空パックのようなものに入っていてできない?)、フランスでは買い物中、ぷにぷにして確かめている人をよく見かけます。

 

我が家の場合、硬いのはダメです。

硬いのは、切ると、中身がこんな感じ。

 

serveimage-1.jpg

 

硬いカマンベールしか購入できなかった場合は、2、3日室内で放置します。

で、柔らかくなるまで待つ。

結構匂いがするので、タッパーなどに入れる必要があります。

 

室内放置すると、数日でこんな感じになります。

 

serveimage.jpg

 

この、トロトロ状態がとても美味しいんです〜。

これを、バゲットに付けて、食べます。

 

美味。

 

 

 

 

牛の心臓(トマト)

トマトの一種なのですが、牛の心臓(coeur de boeuf)  という品種があります。

握りこぶしよりも大きくて、コブが表面にたくさんあり、見かけはちょっとグロテスクで、全然美味しそうには見せません。

 

Tomates_Cœur_de_bœuf.jpg

 

でも、実は、これ、すご〜く美味しいです!

 

生で食べても十分美味しいのですが、パスタのソースにしてもいいです。

皮も薄くって、湯むきも簡単。

 

元々は、イタリアのトマトみたいですね。

 

IMG_8527.jpg

 

これ買うと、普通のトマト買わなくなります。

 

ぜひお試しください。

 

 

 

 

 

マックス・ポワラーヌ( Max Poilane )パン屋

実は、最近ハマっている食べ物があります。



これ↑

マックス・ポワラーヌのサブレ。
すっごく美味しい。

100グラムから購入できるのですが、私はもちろん、一番大きい300グラムのモノを買います(笑)。



パリの6区に老舗ポワラーヌがありますが、そこのサブレと基本、同じ味。
ちょっと、小腹がすいたな〜と思った時のコーヒータイムにちょうどいい。

Paris Life や ぽむぽむ、からだと徒歩10分、メゾンオランジュからも18分くらいで徒歩圏です。

マックス・ポワラーヌ
87 rue Brancion 75015 Paris
http://www.max-poilane.fr/notre_equipe.php

このお店に行ったら、ついつい、サブレと同時に購入してしまうものがあります。



これです、これ。
リンゴのタルト。

これも、す〜っごく美味しい。

このタルト生地、どうやって作るんだろう?
パイ生地なのですが、サクサクというよりも、ふんわり、という感じ。

上に少し砂糖がかかっていて、焼き熱で溶けているのですが、それには黒糖を使用しているようです。
これが味にコクを増すようで、さらに美味しい。

ちなみに、この店はブールと呼ばれる、バレーボールくらいの大きさの、田舎風のまるいパンも有名です。
お願いすれば、機械でスライスもしてくれます。
量り売りなので、半分、や4分の1、だけ購入、という事も可能。
こちらもお勧め。

この前、主人に、私がこのサブレにハマっていることを話したのですが、昨日、仕事から帰ってきたら・・・・・

食卓に手作りのサブレが置かれていました!



なんかキッチンでゴソゴソやってるな〜と思っていたのですが、サブレをつくってたのね(笑)。

感謝。















 

イースターエッグとチョコレート

昨日はイースターマンデーでした。

金曜日に十字架に磔の刑にされたイエス・キリストが生き返って昇天した日です。

というわけで、街中イースターエッグ(チョコレート)だらけ。


我が家でもウチのだんな様がいーっぱい山ほどチョコレート買ってました。

その中で、とってもおいしかったのは、これ!

025.JPG

ホワイトチョコレートなんですが、すごくおいしい!!!

中身が2層構造で、少しやわらかめのホワイトチョコレート(バニラ味)が周りのかたいチョコレートにつつまれていて、なんともいえないおいしさ。

Lindt (メーカーの名前)、恐るべし。




ローフード (raw food 英/ crudivorisme 仏)

女性って40歳超えると急に太りだすのだそうですね(ホルモンの関係?)。
私も例外に漏れず毎年2キロほど太ってきています(涙)。
まじめに「何とかしないと・・・」と思って、あせりはじめてきたときに

「石塚とも」さん
http://rawbeauty.seesaa.net/

にお会いし、彼女の著作「ローフード」とそのレシピ本をプレゼントいただきました!



ローのセオリーとレシピ、それに加えて、ローの実践ドキュメンタリーなのですが、この本凄い!
読む前に石塚さんからいろいろとお話をきいて前知識があったこともあり、一気に読んでしまいました。

その後、ウチの主人を説得。
ウチの主人も太りすぎを気にしていたので、100パーセントのローフードではなくてもやれる範囲で食事に取り入れていくことで合意。

早速「掃除の簡単な」ジューサーを見つけたので、購入を決めました。
毎日忙しいので「掃除の簡単な」とうのは私にとっては最重要点なのです(笑)

効果がみられたら、また報告したいと思います。

石塚さん、本当にどうもありがとうございます!
またメゾンオランジュにきてくださいねー!

MECHOUI (メシュイ = 子羊丸焼き)

先日 ノルマンディーまでMECHOUI (メシュイ)に行ってきました。
メシュイとは要するに子羊丸焼きパーティです。

弱い火でゆっくりとローストするのでお昼に食べるために朝の9時からローストし始めます。
その間交代で火の番。



焼き上がりは、



こんな感じ。

おいしそ〜!

子羊だけでなく、ソーセージも用意されました。



いよいよ準備OK。



焼き加減はちょうどミディアムくらい。

この日はとても天気がよく、風もなくて快適でした。



おそらく来た人は150人くらい。



楽しい一日でした。




おかし、いろいろ

 先日、日本からいらした方より、お菓子をいくつかいただいたのですが、その中でウチの子供たちにバカ受けしたお菓子があります。

コレ。



マリオのぺロティ。

フランスではマリオブラザーズのキャラクターがついたお菓子は手に入らないために、バカ受け。
ウチの子はキャラクターの書かれた包み紙さえ捨てないで大事にとっています(10歳ですよ〜笑)。
イチゴ味のチョコというのもフランスには存在しないので、「おいし〜い!」と感激していました。

私が子供のころはドラえもんの絵がかかれてたと思います。

フランスのお菓子でウチの子供たちにうけているのはこれでしょうか。



ねずみの形のしたグミキャンディ。
発想としては面白いと思いますが・・・・・。

日本のポッキーも人気あります。



名前はミカドになっていますが、中身はポッキーです。
写真はミルクチョコですが、ブラックチョコ、ナッツ入りなどもあります。

最近ボンヌ・ママンが出したのがコレ。



かわいいですよね〜。

実は見かけはかわいいのですが、味はイマイチ。
生地がパサパサでとても残念。
量的にも8個しか入っていなくて、私としては不満です。
ボンヌママンのフィナンシエのほうがずっとおいしいと思います。


ボジョレー・ヌーボー2009

 さて、先日今年のボジョレー・ヌーボー味見してみました。



今年のものはとても香りがいいですね。

常温で飲むよりも、冷やして飲む方をお勧めいたします。