革命記念日の笑えるミス

先日の7月14日は革命記念日で、毎年、シャンゼリゼで軍事パレードが行われます。

 

で、今年は笑えるミスが2件ありました!

 

まず、一つ目。

 

Capture d’e?cran 2018-07-16 a? 09.12.57.png

 

ちょっと、ちょっと、色、間違ってない?(笑)

後から、飛行士がツイッターで謝ってました。

 

 

2つ目

 

Capture d’e?cran 2018-07-16 a? 09.29.24.png

 

コースをちょっと外れてしまった運転手が行進中の別のバイクにぶつかってしまい、転倒。

 

猿も木から落ちる、とはこのことかも。

 

彼にとっては、おそらく一生に一回の大イベントだったはず。

10年後も語られるイベントになってしまったようです(笑)。

 

 

 

 

フランス優勝!

フランス全土がお祭り騒ぎ。

 

IMG_1316.jpg

 

IMG_1321.jpg

 

IMG_1323.jpg

 

 

明日は準決勝(W杯 フランス対ベルギー)

明日は、ワールドカップの準決勝です。

 

パリでは、市役所前に大画面テレビが設置されました!

 

Capture d’e?cran 2018-07-09 a? 20.03.47.png

 

明日の20時には、2万人くらい集まる予定・・・・。

すごい!

 

決勝まで行けたら、シャンゼリゼ通りに大型テレビが設置されるそうです。

テレビでは対ベルギー戦のことばかり。

 

日本がベルギーに勝っていたら、日本対フランスになっていたので、応援にすごく困っていただろうな・・・。

 

 

バカロレア試験 口頭試問(フランス語)

 

 

IMG_0750.jpg

 

先日、バカロレアのフランス語の試験のことを書きましたが、続きです。

 

バカロレアのフランス語の試験は、2部に分かれます。

 

1)4時間ぶっ通しの筆記試験(これは以前に書きました)と、

2)口頭試問です。

 

で、今日、ウチの息子は、口頭試問を受けてきてました。

 

口頭試問はなかなか大変ですよ〜。

 

3つの文献から試験管がランダムに1つを選択、その与えられた文献を30分間で読み込み、試験管の前で10分間使ってテキストの内容やその時代のバックグラウンドなどをプレゼン。

 

その後、10分間、試験管からの質問に答えます。

 

ウチの息子が受けた一番最初の質問は

 

「詩は何の役に立つのですか?」

 

というものだったらしい・・・。

 

一瞬、凍りついたらしいけど。

ウチの息子は、「超」理系のゲーマーだからねぇ・・・。

 

日本にはプレゼンの試験ってないですね。

 

プレゼンテーションの能力も、口頭でのコミュニケーション能力も、就職したら必ず必要な技術なので、若い頃に練習できるのは、とてもいいことだと思います。

 

日本の入試にも取り入れられるといいな、と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏至=音楽の日

フランスでは夏至は「音楽の日」ということになっています。

なので、街中で音楽の演奏が!

 

IMG_1023.jpg

 

あちこちでコンサートが行われています。

 

IMG_1025.jpg

 

こんなにいっぱい見に来ている人がいる!

 

IMG_1027.jpg

 

向かいのバーはライブハウス化してますね。

 

IMG_1032.jpg

 

別の角にはこの人たちが!

こちらはちょっとレトロな感じかな。

 

IMG_1034.jpg

 

公園では、DJ がいて、踊っている人たちがいましたよ〜。

 

 

ラマダン終了

イスラム教の大イベント「ラマダン」が今日終了します。

 

ラマダン期間中、太陽が出てる時は食事をとってはいけないのですが、今、フランスの日没は22時くらいなので、かなり食べない時間が長いですね。

肉体労働だと大変そうです・・・

 

というわけで、アラブのお菓子を売っている店は夜間営業してたりします。

 

IMG_0822.jpg

 

暗い場所で、行列ができてたりして、ちょっとビックリしますよ。

今日は最終日なので、盛大にお祝いするようです。

 

 

 

 

 

洗礼の次のキリスト教の儀式(LA PREMIERE COMMUNION)

今日はキリスト教の話。

 

IMG_0863.jpg

 

キリスト教は、入信にもいろいろ段階があります。

 

通常ですが、赤ちゃんの時に「洗礼」を受ける人が多いです。

昔は「洗礼していないと死んでも天国にいけない」と言われていたので、生まれたらすぐ、洗礼を受けさせる親が多かったとか。

 

でも、自分の意思で入信していないので、「カテシズム(キリスト教のお勉強)」と呼ばれる講座を3年間くらい受けたら、今度は、自分の意思で、入信を再表明する儀式(ラ・プルミエール・コミュニオン)を行います。

これは、大抵、小学校の高学年くらいにします。

 

おそらく、日本の七五三みたいなノリだと思うんですけどね。

子供の成長を祝う、みたいな。

 

ただ、七五三の様に誰でも参加できる、というわけではないです。

 

この儀式は「カテシズム」だけではなく、更に「コミュニオン準備コース」を受講して、やっと受けることができます。

儀式を受けるのもなかなか大変なんですよ〜。

この講座では「入信の動機」を明らかにしたり、「自分にとってキリスト教とは」とか、なかなか掘り下げたことを書かされたりします。

 

この儀式を受けると、「オスティ」と呼ばれる「パン」を食べてもいいことになります。

(コミュニオンの儀式を受けてない人は、「オスティ」を食べてはいけないことになってますので、ご注意ください)。

 

で、今日は、友人のお子様のコミュニオンに呼ばれて、サン・シュルピス教会まで行ってきました。

キリスト教の儀式のいいところは、ぜーんぶ儀式内容がプログラムに記載されているところ。

賛美歌の歌詞なんかも書かれているので、それさえ見てれば、なんとか、ついていけます。

 

Add friend

 

 

革命記念日

7月14日は革命記念日(パリ祭)でした。
エッフェル塔で花火が打ち上げられる日です。

今年はラッキーな事に、花火の前にエッフェル塔で行われるコンサートのチケットをゲット!
という訳で、コンサートに行ってきました〜!



演目は、革命記念日とあって、勇ましい物が多かったかな。
オーケストラやコーラス隊、ソロ歌手などが出演、大掛かりな素晴らしいコンサートでした。
大事な行事とあって、パリ市長やフランス大統領も出席。

で、コンサートが終わったとたんに、どっか〜ん、と花火!
今年は第一次世界大戦から100年という訳で、テーマは「戦争と平和」。



これは、戦争のイメージかな?



エッフェル塔から四方八方に花火が発射されていました。





パリに長く住んでいますが、こんなに間近で花火を見た事なかったな〜。
灰が頭にふりかかる〜!



素晴らしい花火を間近で見て、とても満足の夜でした。

帰りはメトロに乗れずに、徒歩で帰宅。

 

クリスマス

皆様、どんなクリスマスを過ごされましたでしょうか?

今年は主人の家族と一緒で、賑やかなクリスマスとなりました。



間もなく2013年が終わります。

今年は、ぽむぽむのオープン、退職など、私にとってはイベントの多い年となりました。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいね。

来年度もよろしくお願い申し上げます。

革命記念日 7月14日

 

フランスは夏休みです。

先日はパリ祭でした。
日本ではなぜか「パリ」祭と呼ばれているようですが、フランスでは LE 14 JUILLET (7月14日)もしくは FETE NATIONALE (国の祭日)と呼びます。

恒例行事はシャンゼリゼの軍事パレードとエッフェル塔の花火。
この日は残念ながら日中に土砂降りの雨が降りました。

花火ですが、郊外では13日の夜に催行するところもあります。
夏は22時くらいまで明るいのでかなり夜遅く、23時前後に点火しました。