スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブルーチーズでトロトロ

先日、常温でトロトロのチーズのことを書いたら、結構反響が高かったので、調子に乗って、また1つチーズネタ。

 

ブルーチーズでトロトロのチーズもあります。

 

Packshot_creme_Saint_Agur_150g1.jpg

 

これ。

 

「サンタギュール・クレム」。

 

「サンタギュール」は通常、

 

 

固形のブルーチーズなんですが、そのクリーミー版。

 

うちでは、パンや野菜につけたり、グラタンやスパゲティにちょっと混ぜたりして使ってます。

 

これは日本でも買えるみたいですね。

でも値段は2000円くらいのようです・・・(高い〜!)。

フランスでは、2、25ユーロ。

お土産にすると喜ばれるかも。

 

 

 

グルメの人はパリに来たらここに行かないと!(Beaupassage)

先日、Beaupassage (ボーパサージュ)というショッピングセンターがパリ7区にオープンしました。

 

img_78461.jpg

 

何が凄いかっていうと、ここは星付きレストランシェフのお店ばかりなんです!

 

Anne-Sophie Pic, Thierry Marx, Yannick Alleno, Pierre Herme などなど、フランスのグルメ界を牽引しているスターのお店がここに集中。

初日は数時間で全て売り切れる、という店が続出したとか・・・。

 

食に興味がある人は、のぞいて見てくださいね。

 

****************************

Beaupassage

53_57 rue de Grenelle 75007 Paris

メトロ Rue de Bac 下車

 

 

 

 

 

とろとろ部分だけを食べたい時(チーズ)

現在午前9時30分ですが、今の気温は、

 

IMG_1911.png

 

14度です!

日中も20度超えません・・・。

パリはもう、すっかり秋です。

 

東京は35度の表示です。

残暑厳しいですね。

日本から渡仏される方、上着持ってきてください。

20度も温度差があるので、風邪にもご注意!

 

さて、一昨日カマンベールの食べ方を書いたところ、以外に反応が多かったので、もう一本チーズネタ。

 

時々、カマンベールのトロトロ部分だけを、贅沢に食べたくなるのですが(笑)、その時に食べるのが、これ。

 

IMG_1854.jpg

 

カンコワヨット ( Cancoillotte ) というチーズです。

これは、常温でもトロトロ。

特にこれは、黄ワイン(Vin Jaune ) が入っていて、フォンデュのような香りがあります。

 

これをバゲットにつけて食べる〜。

 

 

 

 

 

 

カマンベール・チーズの食べ方(我が家の場合)

serveimage-2.jpg

 

まず、大前提。

フランスでカマンベール・チーズを買う場合、蓋を開けて、紙の上から中身をぷにぷにと押して、硬さを確かめます。

日本のお店でやるのは NG だと思いますが(というより真空パックのようなものに入っていてできない?)、フランスでは買い物中、ぷにぷにして確かめている人をよく見かけます。

 

我が家の場合、硬いのはダメです。

硬いのは、切ると、中身がこんな感じ。

 

serveimage-1.jpg

 

硬いカマンベールしか購入できなかった場合は、2、3日室内で放置します。

で、柔らかくなるまで待つ。

結構匂いがするので、タッパーなどに入れる必要があります。

 

室内放置すると、数日でこんな感じになります。

 

serveimage.jpg

 

この、トロトロ状態がとても美味しいんです〜。

これを、バゲットに付けて、食べます。

 

美味。

 

 

 

 

Velib(無人レンタル自転車)徐々に復活してきました

パリには Velib という無人レンタル自転車サービスがあります。

 

少し前に経営会社が変わったのですが、その途端に、とーってもサービスが悪くなってしまい・・・全然利用をお勧めできる状態じゃなかったんですね。

でも、最近、ベリブの自転車に乗ってる人をよく見かけるようになってきました。

 

今は、自転車もたくさん配置されています(以前はほぼ無かった)。

 

IMG_1851.jpg

 

青の自転車が、電動自転車です。

 

借り方は以前と同じくこちらで借ります。

 

IMG_1852.jpg

 

この機械の右下部分に USB を接続してスマホなどを充電できるようになってますよ〜。

 

 

 

 

電動キックスケーター借りてみた。

以前、電動キックスケーターをスマホアプリでレンタルできることをお伝えしましたが、自分で実際に借りてみました。

 

準備

  1. スマホアプリをダウンロードする( LIME というアプリ)
  2. 氏名、クレジットカード情報 など必要事項を記入
  3. 規約を承認する(チェックボックスをチェックする)

 

キックスケーターはアプリ上で検索して見つけます。

通常、道端に止められています。

 

IMG_1849.png

 

キックスケーター上のQR コードをスキャンすると、タンタタンタンタン〜という音楽とともにブロック解除されます。

ブロック解除されない場合は、上記「準備」がきちんと行われているか確認してください。

特に、規約を承認することを忘れないように!

 

アプリ上の1番がスタートボタンです。

 

IMG_1848.jpg

 

まず、少し足で蹴ってスタート。

時速が真ん中に表示されます。

 

ハンドル右手の緑の場所がアクセルです。

 

ブレーキは左手。

自転車と同じ形のブレーキが付いています。

 

終了時は、

  1. 邪魔にならない場所に止める(道端で大丈夫)。
  2. アプリの2番をタップする。
  3. アプリ上でキックスケーターの写真を撮るように指示されるので、写真を撮ると自動送信される。

で終了となります。

 

料金は30分乗って3ユーロでした。

 

 

 

 

夏休み終了

7月下旬より夏休みいただいてました。

数日前より復帰してます。

 

ゆっくり休みたいので、毎年、夏休みは全館閉めてます。

ぽむぽむ の長期の方だけに開けている状態です。

休暇中に滞在ご希望だった方、本当にごめんなさい!!!

 

毎年、家族旅行に出かけるのですが、今年はクロアチアに行ってました。

パリからは飛行機で2時間です。

東京から沖縄に行くくらいの感覚かな。

 

IMG_1353.jpg

 

浜辺でゴロゴロしたり、

 

IMG_1584.jpg

 

アドリア海で釣りをして、

 

 

新鮮な魚を船上で食べる、というクッチャネー、クッチャネーの生活をしていました。

 

あ、そうそう、

 

IMG_1428.jpg

 

近くにある自然公園に行ったり、

 

 

街歩きもしました。

 

でも基本はゴロゴロ(笑)。

 

IMG_1619.jpg

 

ゆっくり充電できました。

 

どうもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

心が疲れてしまった時には。

ここ3日くらいパリもすごく暑いです。

 

なのに風邪をひいてしまい、少し体調崩してました。

数日、何にもしなかったのですが、何にもしないと罪悪感を覚えるんですね。

罪悪感を感じながら、休んでました(笑)。

 

心が疲れてしまった時に行く場所は、私の場合、お寿司屋さんです。

 

メゾンオランジュ の近くに「きむら」さんという、お寿司屋さんがあるのですが、ここ、お寿司がとっても美味しいんです!

おさかなとっても新鮮です。

 

35434228_154560365403655_3843397977846579200_n.jpg

 

で、こちらの「おばんさい」も、とても上品な味。

 

IMG_8154.jpg

 

大根、しっかり煮てあって、味がついているのに、白い!

この裏には色々な手がかかってるんですね。

 

月曜日に大量に作り置きするので、週末は売り切れ。

お野菜をたくさん食べたい時は、火曜日に行きましょう。

 

IMG_8155.jpg

 

人気のおばんさい弁当は予約が必要ですよ〜。

 

日本人だけでなく、フランス人からも高評価のレストランです。

 

https://www.tripadvisor.fr/Restaurant_Review-g187147-d787908-Reviews-Kimura-Paris_Ile_de_France.html

 

日本の味が恋しくなったら、ぜひどうぞ!

 

*********************************

レストラン きむら

38 rue Pernety 75014 Paris

メトロ 13号線 Pernety駅 

Tel: 01 45 42 33 15 

 

 

 

フレンチ料理教室、受講募集開始します。

さて、友人(仏人)が自宅で料理教室を始めたので、おしらせします。

 

講師はこの方。

 

IMG_1183.jpg

 

名前は「オルラン」と言います。

三人の男の子のお母さんですよ〜。

私とは、10年以上、家族ぐるみでのお付き合いしている仲です。

 

先日、Paris Life のお客様にお試し受講をしてもらったところ、とても評判がよかったので、9月から受講募集することにしました。

 

レッスンは、まず、メニューと作り方の説明から始まります。

 

 

彼女は英語も問題なく話せます。

わかるように丁寧に説明してくれます。

 

使う食材は、とてもいいものばかり。

 

IMG_1163.jpg

 

バターは普通にエシレだし、

 

IMG_1203.jpg

 

オリーブオイルは、オーガニックのエクストラ・バージン。

 

小麦粉はフランシーヌの特級。

 

IMG_1209.jpg

 

 

このバニラ、むちゃくちゃ香りがいいんですけど!

 

IMG_1176.jpg

 

私も生地作りに参加!

タルト生地なんて、初めて手作りしました・・・(いつもは、すでにできたものを買ってます)。

 

出来上がりはこんな感じ。

 

IMG_1237.jpg

 

タルトの上にライムの皮をかけると、ライムの爽やかな匂いが!

これ、絶対美味しくないわけがない!

 

→ と思っていたら、やっぱりとっても美味しかった!

 

 

IMG_1229.jpg

 

この日はタルトを二種作りました。

お料理系のタルトとお菓子。

 

二つとも、絶品でしたよ〜。

 

 

受講いただいたお客様には下記のコメントをいただきました。

 

**********************

レッスン中は調理と乏しい語学力でのコミュニケーションに必死で味わう余裕が無かったですが、改めて幸せな時間だったと感じています。

 

二品ともお店で食べるような味で感激しました。お野菜とアンチョビのタルトを夕食でゆっくり味わいながら頂きましたが、改めて驚きの味でした。

お菓子作りもデビューにしてあのような美味しいタルトに言葉を失いました。

初めて見る食材や補足情報などフランスを感じながらのレッスンに大満足でした。

 

貴重な経験をさせて頂き感謝しています。

本場の料理が体験できる喜びが勝り、語学力は二の次で楽しさが先行した3時間でした。

 

機会があれば、また他のメニューもレッスン受けたいです。

 

************************

 

受講は、月、火、木、金(祝日除く)の午前9時から11時30分まで(その後、30分のお食事タイム有)。

料金 季節に合わせた1品(お料理系、お菓子系のどちらでも可) 80ユーロから。

場所 モンパルナス地区の講師自宅(土足禁止ですので、スリッパか靴下をご持参ください)。

 

お問い合わせは、parislife.information@gmail.com まで。

弊社ゲストハウスのお客様でなくても、受け付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

革命記念日の笑えるミス

先日の7月14日は革命記念日で、毎年、シャンゼリゼで軍事パレードが行われます。

 

で、今年は笑えるミスが2件ありました!

 

まず、一つ目。

 

Capture d’e?cran 2018-07-16 a? 09.12.57.png

 

ちょっと、ちょっと、色、間違ってない?(笑)

後から、飛行士がツイッターで謝ってました。

 

 

2つ目

 

Capture d’e?cran 2018-07-16 a? 09.29.24.png

 

コースをちょっと外れてしまった運転手が行進中の別のバイクにぶつかってしまい、転倒。

 

猿も木から落ちる、とはこのことかも。

 

彼にとっては、おそらく一生に一回の大イベントだったはず。

10年後も語られるイベントになってしまったようです(笑)。