スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

パリのメトロで食事やアイロンがけ(ユーチューバー)

ちょっと〜おもしろすぎ〜。

 

メトロでディナー。

 

 

メトロでアイロンがけと掃除。

 

運転手紹介 ジェームズ氏

先日、弊社提携ハイヤーのことをちらっと書いたのですが、「ブログに写真を載せていいよ」と言ってくれたので、弊社提携ハイヤーの運転手をご紹介しますね。

 

 

この人です〜。

 

なかなかイケメンでしょ。

とっても優しいですよ。

荷物も重いと持ってくれたりします。

 

特徴は、額にハリーポッターみたいな傷があります。

 

実は、私の自宅のご近所さんなので(同じ建物に住んでいる)、お互いに家族ぐるみで知り合いという関係。

だから、絶対安心の運転手さんなんです!

 

彼は最近、ベンツの高級新車を買いました!

 

IMG_0828.jpg

 

これです、コレ。

(ご近所さんだから、駐車場も同じ場所。ウチの地下駐車場で撮影しました・・・笑)

 

中も超ゴージャスなんですけど!

 

IMG_0842.jpg

 

水とかアメとかも色々用意していて、長旅のお客様が道中リラックスできるよう、色々とサービスも頑張ってますよ〜。

 

ご希望の方は是非、声をかけてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

水上タクシーがもうすぐ受付開始

 

Capture d’e?cran 2018-05-20 a? 09.41.41.jpg

 

水上タクシーサービス( Le Sea Bubble ) が、6月より受付開始するようです。

 

アプリで予約するようになるらしい。

 

ビデオで見る限りでは、意外に速いので、渋滞の時には便利かも。

 

http://videos.leparisien.fr/video/paris-on-a-teste-le-taxi-volant-sur-la-seine-19-05-2018-x6jtvn2

 

ワイン試飲会(肴はヤギのチーズ4種)のお知らせ

IMG_0809.jpg

パリ7区のワイン屋さんがワインの試飲会を行います。

 

ワインは Clos Saint Fiacre(クロ・サン・フィアクル)AOC オルレアンのレクセランスとル・クロの2種。

 

チーズは、ロワールとシェール地方のヤギのチーズの盛り合わせで、

 

Selle sur Cher(セル・シュール・シェール)

Saint Maur(サン・モール)

La Pyramide Valencay(ラ・ピラミッド・バランセ)

Crottin de Chavignol(クロタン・ド・シャビニョル)

 

の4種。

 

どちらも同じ地域で生産されたもので、とても良いマリアージュをお楽しみいただけそうです。

 

ワイン2杯(レクセランスとル・クロを1杯ずつ)とチーズ4種 10ユーロ。

ワイン1杯(レクセランスとル・クロどちらか1杯)とチーズ4種 8ユーロ

 

試飲会は 5月31日、19時30分から23時30分まで。

場所は AMPELOS, 31 rue Bourgogne 75007 Paris

 

 

空港からパリ市内までのタクシー料金について

フランスには「タクシー」と「 VTC(日本で言うところのハイヤー)」の2種類のサービスがあります。

 

VTC は、「TAXI」と車の上に表示されていません。

タクシーとほぼ同じようなことをしていますが、法的な観点からは「タクシー」ではないからです(あくまでも VTC / ハイヤー)。

 

VTC は、タクシーのように路上で乗客を拾うことができず、スマホのアプリやインターネットなどで、20分以上前に予約されていなければいけません。

通常は、料金も予約時に、先に決められています。

 

ちなみに、ウーバーや弊社空港送迎は VTC の部類のサービスです。

 

serveimage.jpg

 

2015年に、シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内までのタクシー料金は一律と決められました。

 

右岸(セーヌ川の北側) 50ユーロ

左岸(セーヌ川の南側) 55ユーロ

 

念のために書いておくと、この料金は「タクシー」のみに適応される料金で、「 VTC 」には適応されません。

またこれは空港からパリ市内へ(往路)の料金で、パリ市内から空港まで(復路)は、上記のように一律ではなく、タクシー・メーターが使用されます。

 

話を元に戻します。

 

弊社ゲストハウスは全て左岸にありますので、空港から空港待ちのタクシーに乗ると、タクシー料金は「規定通りにいけば」55ユーロで済むはずです。

 

た・だ・し、

 

規定通りにはいかないことが、ほとんど。

 

「渋滞していたから〜」とか

「お釣りがない〜」とか

「英語わからない〜」とか

 

 

いろいろな理由で、いつも、ほぼ確実に、規定よりも高い料金を請求されます。

 

お客様は、少し抵抗してみるものの、現地人に勝てるわけもなく、言われるがままに支払ってしまうことがほとんどのようです。

 

時々、「助けてください!」と言われて、私が介入するのですが、ほぼ確実に、運転手は引くに引けなくなった状態に陥っているので、事態は穏やかには収束しないです。残念ながら。

 

なので、空港から空港待ちのタクシーを拾うのは、オススメしてません。

到着早々ほぼ確実に、バトルになるし、たとえそのバトルに勝ったとしても、とても嫌な気持ちからスタートするからです。

 

といわけで、空港からの送迎は、VTC を選びましょう。

弊社ゲストハウスと提携しているハイヤーもございますので、そちらのご利用もご検討ください。

 

弊社と提携している空港送迎の 運転手は、人間的に信用のおける人のみを選んでおります。

時間に余裕があるときは、少し遠回りをしてエッフェル塔などの観光ポイント前を通ってくれたりしてくれます。

また、先に料金が決まっているので、渋滞しても、深夜でも料金の心配しなくていいし、何よりも、嫌な気持ちに陥ることがないのでオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパ夜の美術館(5月19日)

download.jpg

 

5月19日は「ヨーロッパ夜の美術館」の日です。

 

というわけで、夜間に美術館、開館してます。

ルーブルもオルセーも開いてますよ〜。

時間がなくて行けない〜と思っていた方はぜひこの機会に!

 

どの美術館が開いているかは、下の地図をご参照ください。

 

https://nuitdesmusees.culturecommunication.gouv.fr/Programme#/search@48.855299,2.346438000000063,13

グルメ必見!TASTE OF PARIS もうすぐです!

IMG_0804.jpg

 

今年で4回目になる グルメ見本市、「TASTE OF PARIS」が、5月17日から20日まで、グラン・パレ で開催されます!

 

高級食材や、調理器具などの展示だけでなく、「料理教室」が会場のあちこちで開催されていて、楽しい〜。

料理教室は、初心者レベルのもあれば、マスタークラスの料理教室もあります。

 

で、この見本市の1番の見所は、星付きシェフのポップアップ・レストラン。

 

ル・ノートル、リッツ、プラザ・アテネなどの有名レストランの星付きシェフがずらりと揃っているんですね〜。

レストラン・ケイのコバヤシ・ケイ氏も参加されています。

 

参加シェフのリストはここを見てください。

 

https://paris.tastefestivals.com/casting-des-chefs-2018/

 

豪華メンバーですよね〜。

 

チケット購入はこちらからどうぞ。

 

https://paris.tastefestivals.com/infos-billetterie/

 

VIP チケットはラウンジに入れますよ〜。

初日分のVIP チケットはすでに売り切れてます。

お早めに!

 

 

 

 

 

 

 

 

L'ATELIER DES LUMIERES(ラトリエ・デ・ルミエール)

以前にFacebookで、L'ATELIER DES LUMIERES(ラトリエ・デ・ルミエール / 光のアトリエ)というデジタル・アートの美術館がオープンされたことをお伝えしましたが、今日は、そのレポートです。

 

結構、チケットブースに人が並んでいたので、行く時は、先にチケットをインターネットで購入することをお勧めします。

 

かなりざっくり説明すると、窓のない大きな倉庫みたいなところで、プロジェクション・マッピングが壁、床、同時進行で行われる、という感じ。

 

IMG_0692.jpg

 

IMG_0706.jpg

 

壁がいっぱいあるので、違うイメージがいっぱいあったかと思ったら、

 

IMG_0722.jpg

 

一瞬にして、森にいて落ち葉を踏みしめて歩いている感じになったり、

 

IMG_0721.jpg

 

お花畑の真ん中に飛んじゃったり、

 

IMG_0697.jpg

 

万華鏡の中にいる?という錯覚に陥ったり。

 

IMG_0714.jpg

 

IMG_0711.jpg

 

音楽や音響効果もよくって、結構楽しめました!

 

これからのアートはキャンバスなどの決まった大きさではなく、こんな風に空間全体がアートになって、閲覧者がアートの中にいる、という展示の仕方になってくるのでしょうね。

 

まだまだパワーポイントの延長、といった感が抜けませんでしたが、今後かなり伸びしろがありそうな分野。

そのうち、閲覧者の動きに合わせて何らかの反応があったり、会話が楽しめたり、というようになっていくのでしょう。

 

11月まで同じ出し物をやっています。

 

30分ほどクリムトで、15分ほど Humbert Wasser と Poetic AI  のプロジェクションが楽しめます。

 

詳細は下記のサイトをご参照ください。

 

L'ATELIER DES LUMIERES

38 RUE SAINT-MAUR 75011 PARIS

 

http://www.atelier-lumieres.com/

 

 

 

 

 

 

パリの地域通貨 LA PECHE (ラ・ペッシュ)

実は、パリでは「ユーロ」の他に「ラ・ペッシュ」というローカル貨幣が存在します。

 

こんなやつ。

 

serveimage.jpg

 

もともと、パリの郊外のモントルイユ市で、2013年に作られた地域通貨なのですが、現在は、パリ市だけでなく、イル・ド・フランス 全体に広まってきました。

 

これ、地域活性にはとてもいいと思うんです。

 

地域でできたお金は地域に落とし、地域の経済活性に使う、というわけ。

 

マネーロンダリングなどの悪事や、タックス・ヘイブンを使った租税回避にも使われないように、パリとその郊外だけで使う。

というシステムです。

 

現在、ユーロとの交換率は 1ユーロ = 1 ペッシュ

 

ペッシュが購入できるところはこのリンクの地図参照。

 

http://peche-monnaie-locale.fr/carte-des-comptoirs/

 

コンセプトを詳しく知りたい人は、こちらのサイトをどうぞ(フランス語)

 

http://peche-monnaie-locale.fr/monnaie/

凱旋門がヨーロッパの色になります!

5月9日の「ヨーロッパの日」を記念して、凱旋門がヨーロッパ色になってます。

土曜日までなので、パリにいる人はぜひ。

 

http://www.bfmtv.com/mediaplayer/video/pour-la-fete-de-l-europe-l-arc-de-triomphe-se-met-aux-couleurs-de-l-union-1070931.html