Salon du Chocolat 2013

またまた今年も行ってきました。

Salon du Chocolat

今年は学校の休みと重なったので、子供連れでした。



とても美味しそう〜。



これもチョコレート。



かわいい〜。







前にも書きましたが、ジャン・シャルル・ロシューのカルーセルは激ウマ!



これはロシューのフォンダン・ショコラ。
ここでチョコレートスプレッドも買いましたが、マジで美味しかった。
家族にすぐに食べられてしまい、2日でなくなってしまった(泣)。
食べ盛りの子供が3人もいるからねぇ・・・・。



ピエール・マルコリニはカカオのハーブティーをだしていました。
ビタミンDが入っていて、美容にいいらしい。
チョコの味がするというのですが・・・本当かなぁ〜(疑)。



これはチョコレートのビール。
マヤ(文明)の絵柄が書いてあって(私は昔、マヤ遺跡のガイドをしていたんです〜)、思わず買って飲んでしまった!
「チョコレートの味するよ〜」って言われたけど、味は・・・・完全に普通のビールでした。



すっごく美味しいと思ったのがココ!
ココの生キャラメル、マジですごく美味しい〜。
カードが使えなくて、現金持ってなかったから買えなかった!
お取り寄せしたいくらい、美味しいです。
住所見たら、なんと福島県郡山市!頑張って!



お土産はアンリ・ルルーの塩キャラメルスプレッド。
これも、もうなくなってしまったケド。

 

マック・カフェ@ Paris

世界で展開しているマクドナルドですが、ここ数年かなりイメージが変わり、「お子様用」のイメージを脱出して、アダルト層もターゲットに入れた感じですね。

Paris Life アパルトマン近くのマクドナルドもマック・カフェが併設されています。

マック・カフェでは、スタバなみの趣向を凝らしたコーヒー(ホイップクリームたっぷり〜とか・・・)が、紙コップでないコーヒーカップで飲めます。

フリーWIFI があるので、私も待ち時間があるときによく利用するのですが、最近、日本のマック・カフェにはマカロンがないと聞きました!

フランスのマック・カフェにはマカロンがあります!

IMG_0482.JPG

そのほか、各種タルトやティラミスなど定番おやつが用意されてます〜。


ポルト・サン・マルタン 劇場


子供の校外学習に付き添い要請があったので、子供たちと一緒に演劇を見に行ってきました。

行ってきたのは ポルト・サン・マルタン 劇場。

IMG_0255.JPG

ボックス席のある、古いヨーロッパ式の劇場です。

DSC04733.JPG

天井がこんな感じ。

座った席はなんと前から4列目!
俳優の息遣いまで聞こえる!(笑)

その日の演目は、「円卓の騎士 ランスロット」。

長女は歴史でちょうど中世を勉強しているので、その関連で観劇することになったようです。

子供のときから、格式ある劇場で本格的な演劇を見れて、パリの子供はほんとラッキー。

パリのサンリオショップ

もうすぐクリスマスですね〜。
クリスマスショッピングも中盤に入ってきました。

パリでは街中いたるところにイルミネーションが設置されていて、日が沈むときらきらしてキレイです。

が、

今年のシャンゼリゼのライトアップにはちょっとがっかりしました・・・・!
27のプロジェクトから選ばれたにしては、どうも華やかさにかける!!!

あまりにが〜っかりしたので、写真アップなしです。(笑)

シャンゼリゼのライトアップを楽しみにして、この時期にパリを訪問した人、がっかりした人も少なくなかったのではないでしょうか。
今年はヨーロッパあまり景気がよくないし、「節電モード」???


 ところで、パリにもサンリオのお店があります。

DSC04305.JPG

サンリオといっても置いている商品はキティちゃんばっかり。
その他のキャラクターはフランスでは知名度ないからでしょう。

ちなみに、フランス語では「ハローキティ」ではなく「エロキチ」・・・!

写真の商品はフランス限定デザインの商品だとか。

DSC04304.JPG

場所はパリの16区です。

SANRIO SHOP PARIS
12 RUE GUCHARD 75016 PARIS

パリ限定グッズをおみやげにしたいキティフアンは必見。



Salon du Chocolat (チョコレート見本市)

さて、少し前の話ですが、Salon du Chocolat に行ってきました。

わざわざおなかをすかして行ったのですが、会場の中は

DSC04600.JPG

チョコ、チョコ、チョコ これでもか〜っていうくらいチョコレートだらけ(当たり前か・・・)で試食もたくさんあり、1時間も過ぎるともうお腹いっぱいモード・・・・。

DSC04599.JPG

面白いものもたくさんあったので、紹介しま〜す!

DSC04598.JPG

これは、ホットチョコレート。
コップにこのスプーンを入れて、熱いお湯か牛乳を注いでかき回すと出来上がり。

とてもおいしそう〜。

DSC04601.JPG

パリの老舗 CHAPON。
芸術作品。

DSC04602.JPG

これ全部チョコでできてます。

チョコレートの花束もある!。

DSC04604.JPG

DSC04605.JPG

DSC04606.JPG

全部チョコでできています。

野菜も

DSC04615.JPG

魚もあり。

DSC04616.JPG

色とりどりのチョコでクレヨンみたい・・・。

DSC04609.JPG

DSC04607.JPG

カラフルで楽しい。

DSC04618.JPG

3メートルもあるチョコレートファウンテン・・・一体どこに使うんだか・・・。

DSC04620.JPG

あはは〜(笑)
ちょっとウケる〜。

DSC04625.JPG

これは技術がすばらしい。

DSC04655.JPG

おすしもあり、ケータイもあり・・・

DSC04661.JPG

ハリネズミまでチョコレートか・・・・。

DSC04660.JPG

DSC04633.JPG

ドレスもチョコレートでできています。

DSC04643.JPG

これもなかなか素敵。

DSC04654.JPG

チョコでできたシャンペングラス。
本当に中に入れて飲める。で、その後かじる。

DSC04629.JPG

チョコレートの塊で彫刻まで!

DSC04630.JPG

これは本当にすごかったです。
石畳の一つ一つ、レンガの一つ一つまで丁寧に作ってありました。

DSC04651.JPG

こういうのもありました。
日本のためにありがとうございます。

それでは私のお気に入りナンバー3

DSC04662.JPG

写真ではわかりにくいのですが、もち手をくるくる回すとチョコレートが削れて食べれるようになっています。

これがしっとりしていてすっご〜くおいしい!!!!

ぜひぜひお勧めです!!

お気に入りナンバー2は

DSC04627.JPG

日本人ショコラティエのサダハル・アオキ氏!

彼の抹茶チョコは絶品!
その上、店員さんもとーってもやさしい。

そして、私のお気に入りナンバーワンはコレ。

DSC04622.JPG


ピエール・マルコリニ氏のこだわり限定チョコレート。

これ、10cm x 10cm しかないのに、数千円します・・・。
味見したけど、やっぱりおいしい〜。

というわけで、いろんなチョコレートを嫌というほど味見して、お腹がいっぱいになって帰宅しました。

満足。満足。


Salon de Tourisme (ツーリズム展示会)の日本展示ブース

先日、Salon de Tourisme (ツーリズム展示会)に行ってきました。

日本も展示予定だったのですが、残念ながら展示は取りやめになったようで、展示ブースは空っぽでした。

ただ、その壁にはぎっしりと、



こんな書き込みが!



フランス語だけでなく、いろいろな言葉で書かれていました。



がんばれ日本!

このサイトもぜひ皆さんごらんください。

http://prayforjapan.jp/message/

心があったまります。


Creation et savoir-faire & Marie-Claire (手芸・工作展示会)

先日、Maire-Claire が主催する Creation et savoir-faire & Marie-Claire (手芸・工作展示会)を見に行ってきました。



平日の真昼間というのに、なんと人の多いこと〜!
歩くのも大変なくらいの人の数!



その上、99.9パーセントは女性!
それもほとんどがおそらく40歳代以上の女性・・・。
男の人は奥様についてきただんな様か店の人しかいない!



会場では、生地、刺繍糸、ビーズ、絵、ガラス細工、木工、ペーパークラフトなどなど250の業者が入り、手芸・工作に関するありとあらゆるものが展示即売をしていました。



これはキルティングの生地です。
こんなに種類があったら買う方も迷っちゃうかも?

アトリエもいろんなところで開催されていて、その場で手芸品作成にチャレンジすることもできます。

入場者の投票で決まる作品コンクールもありました。



私の気に入ったものはこれ。

実はこれ、手編みのケーキなんです!
おもしろいでしょう?

会場内ではマリークレールのオリジナル・エコバッグも購入できます。



このバッグの販売スタンドにはなが〜い列が・・・・。
みんなマリークレール好きなのですね〜。

各手芸店オリジナルのキットも売られていました。



麻生地のバッグ・キット。
素朴でかわいいー。



子供服作成・キット。

年齢別のサイズになっています。
これもかわいい。



エッフェル塔キット。
サイズによって値段が違います。

写真のものは高さ1メートル。





ギャラリーラファイエット (Galeries Lafayette) とアンジェリーナ (Angelina)

 お久しぶりです。

フランスでは9月から新学期が始まりました。
日本はまだ暑いそうですね。
パリは朝晩は冷え込みます。
外出にはジャケットが必要なくらいです。

さて、最近日本から友人が来仏したので、最終日、お土産の購入に同行しました。

パリで買い物と言えばここ〜!



ギャラリーラファイエット百貨店(Galeries Lafayette)。

私はこのドームが大好きです。



お目当てはロンシャンのバッグだったのですが、ロンシャンの前には列が・・・・・!
店員さんによると、毎日列ができるそうです。
私はもともと買う予定はなかったのですが、商品を見てるうち購買意欲を刺激されて、結局定番の折りたたみバッグを購入。

その後昼食をパレ・ロワイヤルで取り、デザートはアンジェリーナで。






食べたのはもちろんモンブラン。

飲み物はお勧めを聞いたら「ショコラ」とのこと。
「それってちょっと重たくないですか?」
「大丈夫よ〜。とってもおいしから。」というのでショコラをオーダー。



お盆に載って到着したのはコレ!

モンブランは確かにおいしい(見かけほど甘くないですよ〜)。



でもショコラはとても濃厚。
別皿に盛られてあるクリーム(これまた濃厚+++)を入れて飲みます。
とてもおいしいのですが、モンブランなしで飲みたかったかも。



JAPAN EXPO - MORNING MUSUME

 少し前の話ですが、7月1日から4日まで VILLEPINTE (パリ郊外)の見本市会場で JAPAN EXPO が開かれました。

そのゲストに呼ばれた人たちはこの人たち。



日本の POP-KAWAI グループと書かれています・・・・。

このポスターはメトロにでかでかとはってありました!

フリマ (Vide Grenier)

お久しぶりです!

7月になりましたね。
6月はほんとに忙しかったです。
まじで。
自分でも言うのもナンですが、よく身体が持ったなぁと思うくらい。
7月に入ってようやく落ち着いてきました。

さて、パリでは5月中旬から7月上旬にかけてフリマ(Vide Grenier) があちこちで開かれます。
これはバンブのアンティーク市のように定期的に開かれるのではなく、年に1回シロウトが家庭の不用品を有効に処分するためのものです。



本当に何でもあります。
掘り出し物も探せばみつかります。




ウチの子供たちはおもちゃやマンガ、コレクションもののカード(遊戯王など)を格安で手に入れて喜んでいました。

パフォーマンスもあって、一種お祭りのようです。



バンドは何組かいたのですが、皆さんそれぞれ個性的でした。

その中で、ひときわ目立っていたのがこの人たち。



これらの楽器でラップを演奏していました!
かつ、マイクを使用せずにメガフォンで歌うのです!

超個性的〜!

若者にバカ受けでした。